【香り演出】ブロードウェイ・ミュージカル「回転木馬」

香り演出carousel

8月17日(金)・18日(土)三田郷の音小ホール劇団やる気 ブロードウェイ・ミュージカル「回転木馬」にて香り演出をいたします!

昨年、兵庫県三田市で旗揚げされた「劇団やる気」。

3年ほど前、演出家のご逝去をきっかけに市民劇団は解散となりましたが、OB・OGにて旗揚げされたのが「劇団やる気」です!

昨年の旗揚げ公演は公募作品でほのぼのとしたお芝居でしたが、なんと旗揚げ翌年にブロードウェイ・ミュージカル「回転木馬」に挑戦するという、なんともすごい快挙です。

香り演出carousel

回転木馬(Carousel)は宝塚歌劇を筆頭にさまざまな場所で公演されている名作なのでご存知の方もおられるでしょう。

公演前にネタバレする訳には行きませんので、どのシーンでどんな香りが漂うのかはまだ書けませんが、ヒントは「胸が高鳴る香り」です。

いつもお芝居やミュージカルなどの香り演出では、まず最初に演出家との打ち合わせから始まります。

粗方ストーリーは勉強してからお打合せするのですが、このシーンでこんな香りはどう?や、複数の香りは出せる?など。

この段階で、舞台美術やほかの特殊効果演出など視覚的な補助をどうするかなどもヒアリングしていきます。

そして調香作業。出来上がった2、3種のサンプルから演出家にチョイスしていただき、微調整して完成します。

香り演出は目に見えない分、視覚的なもの(舞台、美術、役者、照明、音楽)とトータルで合わせて確認できるのは、ゲネプロやリハーサルからがスタートしてから、やっとです。

それまでは頭の中の想像でしかないため、調香作業がどれだけ想像力が必要か分かりますね。

お芝居やミュージカル、コンサートなどの香り演出は、そのワンシーンだけ香りが漂い、次のシーンでは香りは消えていること

が求められます。そういった特殊効果演出として香りを扱えるのは、当社のScent Machine AN1000-1だけです。

今回のブロードウェイ・ミュージカル「回転木馬」でも、次の暗転から場面転換までに香りが残らないように操作します。

このように、
・演出家の創る世界観に沿い
・イメージにぴったりと合うオリジナルの香りを作り
・観客に香りを押し付けない方法で
・夢と感動を演出し、
・何十年後でも無意識に記憶させる

香り演出はまさに、これからのイベントや劇場演出には欠かせない五感をフルに使う演出だと言えるでしょう。

当社の香り演出と、他社との違いや事業理念について、詳しくはこちらを参照してください。

 Scent Machine(セントマシン)AN1000-1のデモンストレーション・演出に関するお問合せはこちらへ。 最適な香り演出のプランをご提案します。ぜひお問合せ下さい。

香り空間プロデュースScenery Scent(シーナリーセント)
〒541-0042 大阪市中央区今橋2-3-16MID今橋ビル1F
Mail:infodesk@sceneryscent.com
TEL:079-558-7860

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA