Therapist


明けましておめでとうございます。

”アロマ空間演出”という分野は、2016年は格段に認知度が上がり、市場が拡大した年でした。

元日早々、(公社)日本アロマ環境協会の機関誌「AEAJ」が届きました。そのなかで「アロマ市場のトレンド」という特集ページに、空間演出を行っているさまざまな施設、企業などが取り上げられています。

そのうち何社かは、私も存じ上げている会社さんが手掛けられていました。

香りを使ったビジネスは、一般的にはまだまだ認知度が低いです。

でも、少しずつですが香りに対する誤解や偏見が解けてきているのを感じています。

2017年はさらに、さまざまな場面で香りの力を必要としてもらえるよう、がんばっていきたいと思います。

winter

そして個人的ではありますが、アロマセラピストとして10年お仕事してきた経験から必要性を感じ、5年前からずっと大学で臨床心理学を学んできました。

さらに今年の春からは、2015年日本で初めての心理師国家資格として成立した公認心理師資格を取得するべく、大学院へ進むことにしました。

 

アロマテラピーは、身体や心がマイナスに傾いたときに、香りの力で人間の自然治癒力を存分に発揮できるようサポートするものです。

臨床心理学を学び始めてから改めて考えると、私は若い十代のときから、心が敏感な人が周りに多かったように思います。そして弱った人を放っておけず、ろくな知識がないにも関わらず首を突っ込んで自分もやけどをする、そんなことが多かったように思います。

無意識ではありますが、だからこそアロマセラピストという職業に就いたのだと今になって思います。

心の働きなど臨床心理学の知識は、香りの空間演出というお仕事をするようになってからも活きています。

もっと言えば、臨床心理学を学んできたからこそ、心に響く香りを届けることができると自負しています。

今年の4月から大学院生。香りと臨床心理学の研究をやりつつ、香りの空間演出のお仕事をさらに発展させていきたい!と強く意気込んでいます。

 

”アロマセラピスト×心理師”が創り出す香りの世界で、その香りに包まれたたくさんの方のマイナスに傾いた心をサポートするだけでなく、感動してこころが震えるような感情に導く、そんな魔法のような香りの演出をやっていきたい。

アロマ空間演出、香り空間演出をされる同業の会社さんはたくさん見掛けるようになってきましたが、

『感動してこころが震えるような感情に導く』ような香りの演出は、香癒庵にしかできない演出です。

そんな香癒庵をサポートしてくれる大切なアシスタントやブレーンの力を借りて、学生と経営兼調香師をやっていきます。

2017年、忙しい年になりそうです。

よろしくお願い申し上げます。

 

2017年1月1日

アロマ空間プロデュース香癒庵代表 kanae

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA