loading

INFORMATIONお知らせ

2023年7月29日

7月28日 当社代表の郡が執筆した書籍が発刊されました


匂い・香りの科学と評価・可視化・応用技術
~センシング技術の進展と呼気ガス分析・香り再現・演出等への展開~

シーナリーセント代表取締役の郡が共同執筆した書籍が2023年7月28日サイエンス&テクノロジー社より発刊されましたのでご案内いたします。

以下、サイエンス&テクノロジー社のHPより抜粋


<概要>
匂いや嗅覚のメカニズムは、視覚や聴覚などの他の感覚に比べて大変複雑で、その定量化は難しいとされてきました。しかし近年は、匂いの受容メカニズム解明やセンサ・分析技術の研究開発、香りの応用技術の開発が進展し、医療やヘルスケア・エンターテインメント等、あらゆる業界に匂いのセンシング技術や香り応用技術は幅広く活用されています。そこで本書では、匂い・嗅覚のメカニズムに関する最新研究や、日夜進歩するセンサの開発、嗅覚や匂い効果を活用した電子機器・製品、異臭分析や消臭製品の開発などの情報について、“匂いの最前線”を一冊にまとめました。

<こんな方におすすめ>
 ・ e-Noseシステムやケモセンサなどについて研究動向を知りたい方
・ 匂いセンサや匂い・香りデバイスの研究開発担当者の方
・ 匂い・香り技術を用いた製品やデバイス開発の動向・事例を知りたい方
・ 新しい匂いセンシング技術の開発や新たな匂い分析手法の提案を知りたい方
・ 匂いセンサ技術を自身の分野へ応用することを検討されている方
・ 匂いの見える化、可視化について疑問や何とかしたいと考えている方
・ AI技術を嗅覚・匂い識別技術に応用することを考えている方
・ 異臭の分析や匂い成分の分析について知りたい方


郡が執筆を担当した章は以下の通りです。

第4章 嗅覚と他の感覚機能を掛け合わせた情報伝達や体験・空間演出技術のなかの
「第2節 劇場やホールなどライブエンターテインメント空間における制御を目的とした香り発生装置の開発・製品化」
 はじめに
1. エンタメ空間における香りの制御装置とは
1.1 香り発生・制御装置の特徴
1.2 特殊効果としての香り演出の役割
1.3 香り演出のきっかけ
2. 香り特殊効果演出のニーズ
2.1 製品化への経緯
2.2 装置の機構
2.3 ユースケース
2.3.1 舞台演出
2.3.2 披露宴会場
2.3.3 大規模会場
3. 将来の展望

詳細な情報やご購入は、以下のサイエンス&テクノロジー社のホームページをご参照ください。

匂い・香りの科学と評価・可視化・応用技術
~センシング技術の進展と呼気ガス分析・香り再現・演出等への展開~

お問い合わせ

香りに関することならお気軽にご相談ください。お見積もり依頼も可能です。

お問い合わせする

資料請求

具体的な効果や見積もり例など、詳細は資料に記載しております。不明点はぜひお気軽にご相談ください。

ダウンロードする