loading

INFORMATIONお知らせ

2021年7月9日

シーナリーセントが香り空間演出に強い3つの理由


香り空間プロデュースSceneryScentが香り空間演出に強い3つの理由

 

1 空間範囲に適した香り空間デザインを提案します

香りは「どんな香りを演出するか」と同じぐらい「どのようなシステムでどのように演出するか」ということも非常に重要です。

その空間にマッチしたせっかくの香りも、放出された香りがあまり感じられなかったり、また反対に強すぎても効果は半減どころか効果がなくなってしまったり・・・。

シーナリーセントは、これまで約10年間のあいだ屋外やコンサートホールなどの大きな空間から小規模店舗やクリニックなど、あらゆる場所やあらゆる目的の空間デザインを担当してきました。

どういった機器で、どのようなシステムを組んで、どこに設置するかなどもぜひご相談ください。
その空間に最も価値を与える機器を選定し、必要であればDMXを用いたシステムを構築してプログラムを組ませていただきます。

2 空間演出に使用する香りはすべてオーダーメイド

100%天然植物のアロマオイルを使った香りはもちろん、食べ物や飲み物やいいにおいから変なにおいまで全てオーダーメイドで製作いたします。例)廃墟のにおい・雨のにおい・病院のにおい・オナラのにおいなど

シーナリーセントでは演出に使う香りはすべてオーダーメイドで作っています。

花の香りと言っても、桜なのかバラなのか花束なのか
バナナの香りも、まだ青いバナナなのかたくさんシュガースポットができているような熟したバナナなのか

どんな香りがご希望かによって香りはまったく異なってきます。
そのため微妙なニュアンスを表現するために社内調香師・パートナーのパフューマーなど香りのスペシャリストがひとつひとつ手作りしています。

また香料の国際的な機関である国際香粧品香料協会(International Fragrance Association)が定めている香料の使用制限や使用濃度を(IFRAスタンダード)を遵守して香りを製造しています。
安全が担保されていない香料や使用法は使用しておりません。

3 安全性データシート(SDS)を作成いたします

安全性データシートとは、本来危険性または有害性のおそれがある化学物質を含む製品を提供する際に、その性質やとり扱いに関する情報を記載した文書のことを指します。

天然香料のアロマオイル、人工香料、食品添加物としてのフレーバーなど、種類や危険性を問わず香料はすべて化学物質に当てはまります。

人が吸い込んでも危険な化学物質は含まれていないか、もしくはその取扱いはどうしたら良いのかなど、必要に応じて安全性データシートを作成いたします(別途作成費要)。

また国際輸送にも対応させていただいております。
輸入国の母国語での安全性データシートやUN規格ボトルでの納品なども対応いたします。

香り空間演出・香りの空間デザインなど
香りに関するご相談やお問い合わせをお待ちしております。

香り空間プロデュース
株式会社SceneryScent(シーナリーセント)
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-4-13 東和ビル501
TEL:06-6202-8022

お問合せフォームはこちら
資料請求ページはこちら

お問い合わせ

香りに関することならお気軽にご相談ください。お見積もり依頼も可能です。

お問い合わせする

資料請求

具体的な効果や見積もり例など、詳細は資料に記載しております。不明点はぜひお気軽にご相談ください。

ダウンロードする